自己破産をしたら携帯電話を失うのか?

自己破産をしたら携帯電話を失うのか?

MENU

自己破産をしたら携帯電話を失うのか?

自己破産者というと、全ての財産を売り払って債権者に対して返済をしなければいけない人というイメージがあります。しかし実際はとにかく全ての財産というのは誤解であり、財産の中には自己破産者が普段の生活を送っていくのにどうしても欠くことのできない最低限必要なものもあります。携帯電話もその絶対必要な財産の一つであると、最近では認識されることが多くなってきているでしょう。昔であれば携帯電話は贅沢品として所持することは許されなかったでしょうから、情報化社会の今は本当に自己破産者にとっては良い世の中になったと言えるかもしれません。
なので自己破産者といえども携帯電話を所有することはもちろん、新たに契約することも問題なくできる場合も多いです。しかし携帯電話会社によっては、自己破産者の新規の契約を認めていないという所もありますので、その場合は注意が必要です。もちろん世の中には多くの携帯電話会社がありますので、何も一か所で契約することにこだわる必要は全然ないのですが、自己破産者といえどもどうしてもここの会社の携帯を持ちたいと思うこともあるでしょう。そしてその会社が契約をさせてくれない場合、どうすればいいのでしょうか。一般的な方法としては、破産者の家族名義で契約して実際に携帯は破産者が使うという方法があるようです。この方法であれば合法的に好きな会社の携帯電話を使うことができて便利ですよね。月々の料金を支払うのはあくまでも破産者ではなく家族なのですから、何も問題がありません。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法