自己破産すると子供の奨学金は借りられる?

自己破産すると子供の奨学金は借りられる?

MENU

自己破産すると子どもの奨学金は借りられる?

現在借金の返済が困難で自己破産を考えています。自己破産をすると、子どもの大学進学時に奨学金は借りることができますか?

両親が自己破産をしていても、基本的に子どもは奨学金を借りられます >>詳しくはこちら

奨学金の返済が苦しくて、生活にも困っています。奨学金の自己破産はできますか?

奨学金でも自己破産は可能です。しかしデメリットも多くあります。 >>詳しくはこちら

 

あなたの借金は本当に自己破産をするほどですか?

 

財産のほとんどを失ってしまう自己破産。
借金の減額や利息カットなど、借金整理の方法は様々で、あなたに最適な整理方法は他にあるかもしれません。
まずは以下のサイトで、借金解決のシミュレーションをしてみてください!
匿名・無料で24時間受付しています!
債務整理の目安ににもなりますので気軽に診断してみてください!

 

完全無料・匿名で利用が出来ます!
  • 実名や住所の登録は必要なし
  • 24時間365日いつでもOK
  • 匿名無料でアドバイスが受けられる!

 


⇒匿名で無料診断してみる

 

自己破産をしたら奨学金は借りられるのか??


両親が自己破産をしている場合でも、奨学金を借りる本人は子どもなので、奨学金を借りることはできます。
しかし、両親の自己破産後約7年間はブラックリストに情報が登録されているため、両親が保証人になることはできないでしょう。

その場合は別の親族に頼むか、保証機関を利用することになるでしょう。
親族の場合、両親が自己破産をしているという事実もあるため、難しい事もあるかもしれませんが、保証機関制度を検討してみるのも方法かもしれません。

自己破産と奨学金についてもっと詳しく説明します!気になる方は こちら をclick!

 

子どもが奨学金を借りるには※両親が自己破産していたら…?

大学に進学した場合、大学にもよりますが入学費用や学費は1,000万円以上かかると言われています。
その他にも、子どもが一人暮らしを始めた場合はアパート代などを含む生活費が更に必要となります。

 

そのため、子どもがいる家庭では子どもが生まれた時に学資保険に加入し、更に大学進学が決まると教育ローンを利用したりします。
教育ローンには国のものと民間のものがありますが、どちらにも審査があり、審査に通らないと教育ローンを利用することは出来ません

 

もし、両親が自己破産をしていたら、国と民間どちらも教育ローンを利用することは出来ないでしょう。
自己破産を行うと、教育ローンだけではなくキャッシングや車、住宅のローン等ほとんどの借り入れを利用することが出来ません。

両親が自己破産をしていた場合子どもはどうしたら良いのでしょうか

そこで、オススメなのが奨学金です。

奨学金は両親ではなく、子どもがお金を借りるものです。

 

奨学金はあくまでも子どもが利用できるかどうか審査をされるのです。
そのため、両親が自己破産をしていても審査には関係ありません。
教育ローンは、借りた翌日から返済が始まりますが、奨学金は子どもが返済するため、社会に出てから返済が始まります。

 

子どもが借りて子どもが返済を行うので、両親に負担をかけることはありません

 

奨学金は自己破産することができますか?



奨学金も他の借金と同様に自己破産をすることはできます。

しかしデメリットも多く考えられます。
自己破産は財産を失うだけでなく、手続き後一定期間はクレジットカードも含め、ローンを借りることはできません。
車の購入や結婚を考えていたりするのであれば、自己破産はあまりおすすめできません。

 

連帯保証人にも迷惑が!

奨学金は連帯保証人が家族や親戚になっている場合が多いです。
奨学金を借りた本人は自己破産をすることで債務がなくなるのですが、保証人には支払い義務が残りまので、、自己破産をすることで、家族や親戚に大きな迷惑をかけてしまう、また信用をうしなってしまうという可能性もあります。

奨学金を返済出来ないので自己破産するには

奨学金は「返済不要」のものと「返済義務のある」ものの2種類です。
返済義務のあるものは一般的な債務と変わりありません。
なので、奨学金も自己破産をすることは可能です。

 

奨学金は、一般的な金融会社に比べて金利は安いですが就職難などで返済できなくなることもあるでしょう。
更には、返済が滞ると5~10%の罰則金利がつくため、返済は苦しくなる一方になってしまいます。
しかし、自己破産をすれば、卒業資格の取り消し、会社や家族に知られてしまう…。そんなこともありません。

 

一つ注意が必要です

借り主は学生本人ですが、家族や親族が連帯保証人になっている場合、人間関係にヒビが入るでしょう。
保証人が定年を終えたあとでの返済義務となると、かなり大変なことになるでしょう。
また、保証人が返済出来ない場合、一緒に自己破産するはめになったり、自分の家などの財産を失うことになります。

 

ですので、必ず保証人と話し合って許可を得てから行うようにしましょう。

 

まとめ

両親が自己破産をしていても子どもは奨学金を借りることは出来ます
ただし、両親が自己破産をしている場合、両親は保証人にはなれませんので、親戚や保証機関等早めに考えておくことが大切です。
奨学金を自己破産することも可能です。
しかし、保証人の方との話し合いをしておかないと、保証人の方に返済義務が行くため人間関係を壊してしまいますので注意が必要です。
最後に破産をするなら、給料の差し押さえをされる前にするのが一番です。されたあとでは、破産の難易度が上がる場合もあります。

 

  • 自分に合った債務整理を知りたい方
  • 匿名無料でアドバイスが受けられる
  • 実名や住所の登録が必要なし

⇒匿名で無料診断してみる

子どもが奨学金を借りるには※自己破産をしていたら…

子供が大学に進学した場合、大学にもよりますが学費や入学費は1,000万円以上かかると言われています。
学費や入学以外にも、一人暮らしをした場合はアパート代などの生活費が更に必要だと言われています。
子供が居る家庭の場合は、子供に係る教育費の占める割合が一番大きいそうです。
ですから、子供が沢山いる家庭では子供が生まれたら学資保険に加入し、更に大学進学が決まると教育ローンを利用したりするのです。
しかし、教育ローンには審査があり、審査に通らないと利用出来ません。
それは国の教育ローンも民間の教育ローンも同じです。
万が一、両親が自己破産している場合、国も民間も教育ローンは利用出来ないでしょう。
自己破産をしているとキャッシングや車のローン、住宅ローンなどのあらゆる借入が出来ないのです。
自己破産している両親を持った子供はどうしたら良いでしょうか。
そこでおススメが奨学金です。
奨学金は両親が借りるのではなく、子供がお金を借りるのです。
ですから、両親が自己破産をしていても、審査には関係ありません。
奨学金は、あくまでも子供が審査され、利用出来るかどうか判断されるのです。
教育ローンは借りた翌月から返済が始まりますが、奨学金は子供が返済するので、社会に出てから返済が始まります。
子供が借りて、子供が返済をするので両親に負担をかける事はありません。
両親が経済的に余裕が無いケースや自己破産している場合には、奨学金を利用しましょう。

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法